弁護士に頼む

B型肝炎の給付金については手続きを弁護士に依頼することができます。そうすることによって、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。本人のみで給付金請求をすることは不可能ではありません。しかし、給付金というのは要件を満たしていないともらうことができないのです。そのために資料を収集しなければいけません。調査も必要となるでしょう。裁判も起こさなければいけません。さまざまな対応に追われてしまいます。そのためかなりの時間と手間がかかってしまうのです。専門的な知識も要求されるでしょう。困難なことがたくさんあります。

給付金また、本人が対応したからといって裁判所がその点を考慮してくれるわけではありません。むしろ法律の素人が裁判所を相手にして手続きをしようとしても、失敗してしまう可能性の方が高いでしょう。それならば弁護士に依頼をして確実に給付金を受け取った方が良いでしょう。その方がメリットが大きいのです。

給付金請求については弁護士に任せておけば、すべてのことを本人の代理として行ってくれます。費用はかかってしまうのですが、国が弁護士費用を補助する制度も存在しています。そのため、経済的な負担はかからず、安心して弁護士に依頼できるのです。

〔関連リンク〕弁護士法人アディーレ_B型肝炎給付金訴訟

給付金請求とは

B型肝炎に感染している方は給付金を支給されます。その対象となっているのはさまざまなケースがあります。まずは一次感染者です。対象とされている期間内に集団予防接種を受けて、B型肝炎に持続感染してしまった人や無症候性キャリアの方も対象となっています。これらの方は国がきちんと指導をしなかったために注射器が使いまわされてしまい、それによってB型肝炎に感染してしまったのです。このような方のために給付金が支給されます。

母子感染また、B型肝炎というのは母親から子供に対して二次感染するものです。そのため、国は二次感染者に対しても給付金の支給をしています。母子感染によって感染した人は母親が一次感染者であることを証明することができれば給付金を請求することができます。

さらに遺族の方が給付金の訴訟をすることも可能です。そのため亡くなってしまったからといって諦める必要はないのです。しっかりと給付金を受け取ることができます。

給付金額については数十万円から最も高いもので数千万円にまで達するものがあります。病態が重度のものであればより給付金額が高くなるのです。まだ法律の期限が残っているため、給付金の請求をするチャンスはあります。期限内にしっかりと請求するべきでしょう。

B型肝炎について

世の中にはさまざまな病気が存在しており、それに苦しんでいる方はたくさんいます。特にウイルスというものは有史以来ずっと人間を苦しめてきた存在となっています。ウイルスによって危険な状況にさらされてきたのが人間です。現在でも上手く解決することができないウイルスの問題はたくさんあります。特効薬の見つかっていないウイルスもあるのです。一方で、今では完全に克服されたウイルスもあります。予防法も確立されており、完全に治療できるウイルスも存在しているのです。しかし、新しいウイルスが見つかることもあり、人間とウイルスの戦いは今も続いています。

B型肝炎そんなウイルスの一つとしてB型肝炎というものがあります。こちらはニュースで耳にしたことのある方も多いでしょう。かつてB型肝炎に集団感染するというケースが多発したことがあったのです。それも国の不手際によって引き起こされたものであり、今でも多くの患者が苦しんでいるのがB型肝炎です。ただし、現在では完全に予防法が確立されており、新規の患者というのは少なくなっています。それでも過去にB型肝炎に感染した方に対しては、それが国の責任であり本人には何の責任もないことから、給付金を支払うという対応をしています

それでは実際にB型肝炎の給付金を請求するためにはどうすれば良いのでしょうか。そのための方法について紹介しましょう。一体どのような制度となっており、具体的にどんなふうにして請求できるのか教えましょう。