給付金請求とは

B型肝炎に感染している方は給付金を支給されます。その対象となっているのはさまざまなケースがあります。まずは一次感染者です。対象とされている期間内に集団予防接種を受けて、B型肝炎に持続感染してしまった人や無症候性キャリアの方も対象となっています。これらの方は国がきちんと指導をしなかったために注射器が使いまわされてしまい、それによってB型肝炎に感染してしまったのです。このような方のために給付金が支給されます。

母子感染また、B型肝炎というのは母親から子供に対して二次感染するものです。そのため、国は二次感染者に対しても給付金の支給をしています。母子感染によって感染した人は母親が一次感染者であることを証明することができれば給付金を請求することができます。

さらに遺族の方が給付金の訴訟をすることも可能です。そのため亡くなってしまったからといって諦める必要はないのです。しっかりと給付金を受け取ることができます。

給付金額については数十万円から最も高いもので数千万円にまで達するものがあります。病態が重度のものであればより給付金額が高くなるのです。まだ法律の期限が残っているため、給付金の請求をするチャンスはあります。期限内にしっかりと請求するべきでしょう。