弁護士に頼む

B型肝炎の給付金については手続きを弁護士に依頼することができます。そうすることによって、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。本人のみで給付金請求をすることは不可能ではありません。しかし、給付金というのは要件を満たしていないともらうことができないのです。そのために資料を収集しなければいけません。調査も必要となるでしょう。裁判も起こさなければいけません。さまざまな対応に追われてしまいます。そのためかなりの時間と手間がかかってしまうのです。専門的な知識も要求されるでしょう。困難なことがたくさんあります。

給付金また、本人が対応したからといって裁判所がその点を考慮してくれるわけではありません。むしろ法律の素人が裁判所を相手にして手続きをしようとしても、失敗してしまう可能性の方が高いでしょう。それならば弁護士に依頼をして確実に給付金を受け取った方が良いでしょう。その方がメリットが大きいのです。

給付金請求については弁護士に任せておけば、すべてのことを本人の代理として行ってくれます。費用はかかってしまうのですが、国が弁護士費用を補助する制度も存在しています。そのため、経済的な負担はかからず、安心して弁護士に依頼できるのです。

〔関連リンク〕弁護士法人アディーレ_B型肝炎給付金訴訟